banner.png

2017年10月17日

【R18/マグナ・フォルトゥナ】観光ガイド・ミズホ編

Ouka1.png


いきなり関係ない話ですが、ドット絵はマジで時間がないので色々使いまわすしかないです。
新たに描かないと行けないパーツが後になればなるほど減ってくるので、ラクにはなるはずなんですが……。
とはいえ、全く立ち絵と違うようにするわけにもイカンので、ある程度ちゃんと描く必要もでてきて、そうして時間がとられていく……。

あっ男キャラは基本デフォ素材に少しだけ手を加えて使ってます。
Yngiw2.png

イングヴェだけはちゃんと結構似せてますが……。

男キャラに時間かけてるくらいならはよ出せって言われちゃいそうなんでね、出てから気になったらアップデートで手を加えようかと。


さて、ミズホの紹介ですが、実はここ町が一つとダンジョンが一つしかないです。
まずはそのただ一つの町、或風の国。
blog133.jpg

あいかわらず追加マップチップがエディターで表示できないので閑散としていますが、和風にちょっと洋風の古代っぽい要素が混じっている町です。
名前はもちろん?アルフヘイムから来ていて、まぁエルフの国っていうことです。

この北の山には英霊の間と呼ばれる古代チェリーエルフが移り住んできた時に作られた殿堂がある、晴波羅という山があります。
もちろんヴァルハラです。

チェリーエルフというのはこういう人らの事です。
RPG01_Ouka_Stand_00.png

要するに、桜色〜ピンク色っぽい髪色のエルフが、日本っぽい文化を極東で形成していると思ってもらえれば。

その他、ちょっとしたエロイベントとアイテムが手に入る(予定)の仁古ノ社(もちろんニブルヘイムから来ています)が山陰地方っぽい場所にあり、北海道にあたる部分には氷結洞窟があります。

この洞窟はあるレトロRPGのとあるイベントをオマージュしているので、知っている人はスッと抜けられるかもしれません。
いや、むしろ知ってると試したくなるのか。

なんというか、このダンジョンは上記イベントを再現したくて無理矢理つくったようなもんなので、まぁ画面を載せたら何のイベントかバレバレになってしまうので載せませんが、私と同じくアレのファンの人はニヤニヤしてください。

ここばかりは理不尽とかどうとか言われても絶対に直す気はないぞ!


本日はこんなところで。
今日まだ差分書き出し作業してなくて焦ってるので、このへんで作業にもどります。

ではまた明日!!
タグ:RPG企画
posted by おちんさま at 20:00| Comment(0) | RPG企画

2017年10月15日

【R18/マグナ・フォルトゥナ】観光ガイド・細々とした地域編2

今回は東部地域を紹介します。
いわゆる化外の地というやつで、都落ちした人間や無法者なんかが集落を作っている、モンスターよりも人間が怖い地域と言えます。
ここだけ分離したのは、地域とくくっているだけで実際の範囲が異常に広い領域を紹介することになるためです。


いくつか重要な場所があるのでまずはヘットフィールズ村から。

blog129.jpg

南の方にいた人間が移り住んでできた、雪国の村です。
なんでこんな名前なのかと、この村のイベントを現時点で類推できる人がいたら私と脳を共有しているんでしょう。
十字架の墓が並んでいるのが示唆しているかも。
ここはちょっとした調査イベントというか、仲間キャラ関連のイベントがあります。
まぁ基本がバトルのゲームである以上調査要素は雰囲気くらいなので、そんな難しくはないです。


blog130.jpg

次に海賊の砦
ここは後に紹介することになるミズホのイベント関連で来ることになります。
なんでマップ大公開しているのかというと、まぁこの辺はダンジョンというほどの事でもないからといいますか。
分かる人向けに言うと、サ○フリートの砦くらいの規模です。
一応イベントは作成済みなんですが、もうちょっと凝った演出にしたかっというかミニゲームとか盛り込んで作り込みたかった……。

納期には勝てなかったよ。



blog131.jpg
最後にならず者の街


まぁもう説明不要かと思いますがエロイベントしかないです。
実はストーリー上必ず通る必要があるんですが、そもそもアヤナは何をしようが処女なので関係ないと思うでしょうけれど一回もレイプされたくない人もいるでしょうし、一応金を払えば抜けられたりします。

ここには娼館や売春宿なんかもあるので、淫乱度を高めてどうぞ。

まぁこれ以上の説明は野暮ですね。


さて、さっき間違って投稿おしちゃったので失礼しました。
ということで今日はここまで。
残りイベントは絵が全部用意できたら一気に作るので、ちょっとまだ未作成が多くて焦ります。

まぁいけるでしょう!多分!!

毎回ポジってんなお前な。

ではまた明日!!
タグ:RPG企画
posted by おちんさま at 20:58| Comment(1) | RPG企画

2017年10月14日

【R18/マグナ・フォルトゥナ】悲報、今日は画像ハレナイデス

angella2.png

いやタイミング的に、書き出し作業中なんでフォトショが使えないんですよ……。


明日はちょっと地域の行事に駆り出されて作業できなさそうなので(いや本来のマスター日にこんなのあった時点で始めの予定キツかったんじゃねっていう話もあるんですが)今日はノルマ死守+懸案だった差分を終了させてしまうって感じで作業してました。

この報告いらないな!

今日は手コキ関連をまとめて書き出してたんですがよく見たらこのゲーム和姦にノーマルな手コキがないんですよ。
ニーソ被せて手コキ、パンツコキ、と2つある和姦手コキシーンがこんな特殊プレイ状態です。

そしてよく見たら、フェラなんて和姦が存在しませんでした。


……あ、足コキは沢山あるんで許して!!

もしも追加シーンとか入れることがあればなんか考えます……。

思えば、当初の予定ではパイズリも作ろうかと思ってたんですが、構図的な問題で
「ニーソの入らない、または面積の小さい画像はこのゲームに必要ない」
という、至極本能に忠実あたりまえの判断で不採用が下ってしまったので、フェラがパイズリ不可能な構図のCGになってしまいました。
そこから恐らく、フェラ自体減って手コキが増えたせいで、こんな有様になってしまったのでしょう。


改めて言っておきますが、このゲームの一番の売りはニーソです!!

あっいやそれは本音の部分だった。

しょ、処女が売りなので本番重視なんです!!


妙に足コキとか多いんでモロにそういう人向けなんですが、まぁまぁ。


百万だら言い訳を並べてみましたが、バランス良くエッチシーン配分したはずがしくじってたという話でした。
なんで今になって気づくんだこんな事……。


はーつっかえ……やめたらこの仕事!

ま、また明日!!
タグ:RPG企画
posted by おちんさま at 20:37| Comment(0) | RPG企画

2017年10月13日

【R18/マグナ・フォルトゥナ】このタイトルも最初は違和感しかなかったんですが

angella4.png

意外と制作を始めてみると慣れてくるもんです。


今日はシンプルに作業してたシーンからちょっと切り取ってチラ見せで載せて、適当に感想でも書いておきます。
ノルマを達成する鬼になって、別のことを考えないようにしたい。


blog128.jpg


オークに犯される女騎士が「くっ……殺せ!」っていうシチュエーションって、もはやテンプレになりすぎてギャグになっちゃうんですよね。
このシチュエーションも、ちゃんと陵辱にできないかと私なりに頑張ってみました。
少なくともギャグにはなってないし、結構いい感じのシーンになった気がする。


そういえば、結構リジェクト食らうんじゃないかって心配なシチュエーションがいくつかあるんですよね。
獣姦はアウトって書いてあるんですが、架空の動物ならOKですよね?多分。

まぁ審査もリジェクトも込で、申請の日は考えるようにします。

なんか他にも色々心配なんですが心配してもしょうがないので、とりあえずこのまま進めるところまで進めていきましょう。
心配性でいけませんね!

まぁ今日はシンプルって事に決めたので、こんなところで。

また明日!!
タグ:RPG企画
posted by おちんさま at 20:00| Comment(4) | RPG企画

2017年10月12日

【R18/マグナ・フォルトゥナ】観光ガイド・細々とした地域編1

ざっくりとしすぎてるだろ!

ってカンジですが、ほとんど通り道だったり、歴史的背景があるだけでほぼストーリーに絡んでこない地域をまとめてご紹介します。
今回は一回目。

まずエロルから。

blog123.jpg
blog124.jpg


魔法の国アルガ・ライネイテ略して「ELOAL」という御大層な名前がありますが、これは第一紀(ウヌス)にあったエルフの国を正当に引き継いでいるという意味で名乗っているだけで、湖上に建設されたハイエルフの氏族の集落と、第一紀の建造物をそのまま利用している氏族会議の建物があるばかりです。

現状、物語の都合で一度訪ねるだけの予定なのに、本当に雰囲気のためにこんな街を作る羽目になってしまいました。
ちょっとしたキャラ個別イベントも、間に合えば実装する予定です。

※今回のゲームの舞台は第二紀という時代です。



次にラップラント

blog125.jpg
blog126.jpg


「盲目の守護者」という宗教団体の信徒が共同生活をしている村があるだけです。
ラップラントという名前の由来は、スカンジナビア半島にある地名からです。

また、ストーリー上来なくても良いダンジョンが存在します。

いわば○晶の廃墟とか封印城○ーザーのようなものなので、RPG的な楽しみに興味がなければ訪れる必要すらない潔さ。

クエストもないのですが、ある意味こういったモノは最もRPGらしい存在ですね。



そしてオセアノティカ

blog127.jpg

正直に言いますが、作るだけ作ったけど詰め込みすぎなのでボツにした文明です。
そのためここも、ストーリー上で通り道になるだけです。
現在はキングスポートというどこかで聞いたような名前の港町?村?があるだけで、この村はボートで移動する不思議な村になっています。
住民が何かよそよそしいですが、特に深い意味はないです。

地形的なモデルは、実は琵琶湖周辺の集落です。
マニアック過ぎて誰も気づかないと思うのでとりあえず今言っておきました。




とりあえず今日はこんなところで。
まぁ何となく想像つく方もいらっしゃったでしょうが、
「大風呂敷を拡げすぎるとやばいのでとりあえず世界観だけ沢山つくっておいて、入れたいエロシーンを考えて、適切な場所に配置して不必要(期間的に無理)な部分はボツにする」
という作り方をしているので各地に色々残骸があります。

この先にはこういった場所がありますよ(見えない壁)というのは嫌いなので、とりあえず行けるようにだけしてる感はありますね。

と言いつつ、これでも当初より世界が小さくなったんですが……。

そんなわけで、次の機会にも引き続き何故こうなったかというような言い訳を開陳します。
まぁなんか適当に色々作った結果が妙にまとまりがある、っていうのが○ガシリーズですしね。
パクリ元も同じだしこういう作り方で合っていたと信じてとりあえず組み上げます。

ではこんなところで。

また明日!!
posted by おちんさま at 20:22| Comment(0) | RPG企画