banner.png

2017年09月02日

【マグナ・フォルトゥナ】スク水ニーソ

スク水ニーソですよ!

RPG01_アヤナ_立ち絵_11.png

ニーソが似合う水着といったら、セーラー水着かスク水かマイクロビキニの三択かと思うんですが、マイクロビキニはただの痴女になってしまうので実質二択で、水着感のあるスク水を選びました。

というのはウソです。

私が単にスク水ニーソっていう取り合わせが好きなだけです。

詳しくは草百科の当該タグを読んでおいてください。あれ私が書いたんで。

さてそのスク水ですが、スク水に関しては昔からきちんと描かないとダメだという謎の圧力を受けているので、描く時はいつも手を抜けません。

blog057.jpg

常にちょっと濡れて張り付いてるっぽい感じにできてれば、私的にはパーフェクトですね。

水着で一番好きな部分って、布が張り付いたおへそ周りかもしれません。

スク水は簡単そうに見えて結構めんどくさい差分です。
なにせワンピース型の水着だから、股間を出す時ずらさないといけないからね。

blog058.jpg

こんな感じで、元々ショーツを描いている差分は勿論のこと、

blog059.jpg

こういう初めから半裸の差分ですら、ちゃんとずらした状態のものを新たに描かないといけません。

しかもレオタードと違ってこれは縫い付けてある股布ですので、ずらし方もショーツやレオタードの股布と変えて特別にしないといけないんです。
ずらし挿入の天敵とすら言える。


あと、スク水だけ唯一靴差分がありません。
足コキでは常にソックス状態になりますが、その辺りはご了承ください。
現代から上履きを持ってこられなかったんです。

設定上の都合です。

もうひとつ、今回スク水なのに結構乳首が浮いたりしていますが、これはわざとやっています。
スク水原理主義としては裏地の存在を考えると乳首なんて浮いたらだめなんですが、今回の場合これは

「作ってくれた人(アンジェラ)がスク水なんて知らないので、教えられた図面どおりに作ったらアヤナの胸が歳にしてはデカくて乳首が胸当てに入り切らなかった」

という強引な理由を付けてスク水を着ていても乳首が目立っても仕方ないという体にしています。

多少は乳首責めないとね、おっぱい星人もいるからね、仕方ないね。

そんなこんなで、一応今回で衣装差分紹介は終わりです。
明日からなんというか……そうですね、キャラ紹介の続きでもしますか。
エレノアとアンジェラはしたので、エリサからにしましょう。

ちなみに今日は更新がちょっと遅いんですが、東京から帰ってきたばかりだからです。

一応生配信はこの後しますが、一時間くらいになりますのでご了承ください。

ではまた!!
タグ:RPG企画
posted by おちんさま at 21:15| Comment(0) | RPG企画

2017年08月31日

【マグナ・フォルトゥナ】くのいち

くのいちですよくのいち!

RPG01_アヤナ_立ち絵_09.png


定番ですね。

他の忍者系エロゲキャラと違ってこの衣装で特徴的なのが、黒のボディースーツをインナーとして着ていることでしょうか。

blog052.jpg

このボディスーツ、裏設定としてエルフの極薄素材のインナーというのがありまして、エルフに作ってもらった系列の衣装にだいたい採用されています。
さらに本作では「チェリーエルフ」という種族が存在して、この種族が和風の文化を持っています。

そして彼らの手によって作られた和洋折衷衣装の代表例がこのくのいち衣装です。

……まぁ正直な話、某ソシャゲの例の有名ヒロイン顔キャラ足先出しニーソがエロかったから採用したかっただけなんですが。

blog053.jpg

というか、ニーソ穿いたままで生足コキを入れられる素晴らしい手段なんです!
しかも、ニーソを破壊する、ニーソを脱ぐといった背信行為を犯すこと無く!


余談ですが、黒ぴっちりの股間が見れるので一部の密着系フェチの方の需要を満たせます。

blog051.jpg

まぁその他、この衣装に関連するエロイベントに、和風のエロスが多いことは特徴的ですね。

忍者といえば潜入してエロ拷問受けるみたいな所あるので、感度三千倍にして神妙に待っておれ!!


正直このゲーム、本編はともかく回想では着替え自由にする予定(ほぼ確定)なので、回収時くらいしか衣装の意味ないんですけどね……。

まぁまぁそんな感じで。

今後は敢えて宣伝もしませんが、左のカラムの生放送窓から是非配信においでくださいませ!
なお明日は出先のため配信できませんので、ご了承ください。

ではまた明日!
タグ:RPG企画
posted by おちんさま at 20:25| Comment(0) | RPG企画

2017年08月30日

【マグナ・フォルトゥナ】アイドル

なんてったってアイドル。古い。

RPG01_アヤナ_立ち絵_08.png


でも絵的には新し目のアイドル像!

というかA○BとかN○Bとかああいう系列ですね。
実はこれ相当色々な変遷があって、最初は魔法少女という服装差分にする予定だったんです。
そこから、服装でステ変化しない方針を固めて

「そんなら別に魔法少女である理由もないな」

となって、

「フリフリの服ってよく考えたらエッチシーンで不都合起きる可能性高いじゃねぇか!」
※1

と気づいてしまい、その後某エロゲをやって

「枕営業ってエロい(恍惚」

と散々影響された結果、これが産み落とされました。

いろんな差分のパーツの集合体に見えて、実は結構変えてる部分がある、そんな服装差分です。
ブレザー制服と同じように見えて、エッチシーンで脱がし方がちょっと違うのがあったりしますしね。

blog048.jpg

こんな感じで、リボン残したりとかね。

ちなみにニーソについては散々悩みましたが、先に挙げた某エロゲで色の切り替えのある普通のニーソをはいていてこれが存外エロかったので採用しました。


頑なにニーソに飾りをつけたがらない、それがおちんさまのこだわり。

あと、とても細かい部分ではあるのですが、この衣装は全衣装中唯一指先まで覆うグローブをつけています。

blog049.jpg

そのおかげで、オナニーで指を挿入する時には手袋の指先が少し濡れています。
気づいたかな?
モザイクのせいでほとんどわかんないよ……。

こういう所に細かくフェチ要素をぶっこんでいく、常にそういう姿勢でありたい。

あと、スカートの下のレースもちょっと透けていたりします。

その他、靴はブーツなので足コキの際などにそういったフェチの方におすすめしたいですね!
blog050.jpg

このゲーム、処女にこだわりのあるゲームだと思ったでしょ?

微妙に違うんだなぁ……。


脚フェチ向けなんで!!

あっ、知ってましたよね……。


今晩も配信はしますので、是非おいでください。
そういえば埋め込みコードがあるのに気づいたので、貼っておきます。


これ、小さくしてサイドカラムに貼るのもありですね!

そんなわけで今日はここまで。

また明日!!

※1
スカートが広がった衣装を着替え可能なゲームでデザインすると、腕や髪の毛と余裕で干渉するぞ!
体勢によっては変になったりもするぞ!!
タグ:RPG企画
posted by おちんさま at 20:00| Comment(0) | RPG企画

2017年08月29日

【マグナ・フォルトゥナ】SISTA!

パーパパーパー(無関係)

さて今日はシスター服についてです。
これです。

RPG01_アヤナ_立ち絵_07.png

正直これについては白ニーソにするか黒ニーソにするかで終始なやみましたが、そのどちらでもないストッキングタイプを選択しました。
エロめなのを確保しつつ、それでもニーソっぽさを失わない。
いい着地点になったのではとか思ってます。

まぁぶっちゃけROのプリっぽくしたかったというのが真相なんですが、こっちは当然ミニスカにしております。
聖職者らしさが襟にしかないよなぁ?

でも、肌の露出がふとももしかないというのは中々に貞淑なのではないでしょうか!!

なわけねぇよ!!

まぁ、もうテンプレートが出来てしまっているような衣装なので、特に迷うこともありませんでした。
しかし、問題はそこではなかったのです。


この衣装、どうやって脱がせばいいんだ?

そう、ワンピースなのでガバっと脱がすしかないんですが、全部脱がしたらシスター要素が絵的にゼロになります。
おそらくこういった衣装を採用する際にそこは妥協する判断を下す人もいるのかもしれませんが、本作でそれをやってしまってはわざわざ自分でQCをしつつ自分で絵を描いている意味がありません。

かなり気が引けましたが、そこで私は苦渋の選択をし、脱がす際にまずは襟を残すことにしました。
つぎに、後ろ開きのワンピということにして、こんな感じで脱げるという設定にしました。

blog046.jpg

ずりさげて、お腹のあたりに引っ掛けられるようにってことですね。


さらにアクロバティックな対応ですが、脱ぎ途中で腕に引っかかったまま残っている状態の絵もいくつか作りました。

blog047.jpg

こんな具合ですね。


ここで私が言いたいのは、着せ替え可能RPGでワンピースタイプの衣装は半脱ぎ重視なら鬼門ということです。

無駄に長く仕事もしているし、別に一線から離れていたわけでもないのに、どうして私はこういうのを最初から経験則で避けられないのでしょうか。
アホだから、トコロテン式に忘れるんでしょうか。

いや、それは違う。

キャラ単品のデザインなら脱がせても一応「そのキャラ」と判別できるので、ワンピースでも大きな問題はないのです。

しかし、こと衣装に重点のおかれる「コスプレ」が売りのエロRPGならば、脱がしてしまったらその衣装でわざわざエロシーンに突入する意味がないですから、やってはいけない事でしょう。
かといって、全着衣でアソコだけ見えてるというのは、1シーンだけならまだしも全シーンそれではガッカリも甚だしい。

やはり、おっぱいは見える必要があるのです。

というわけで、おっぱいはいつでも開示できる構造の服にしたほうがいいです。


……これは結構、これからエロRPGを作ろうって人には重要な情報ではないでしょうか!?

これから初めて作ろうなんて人は初めから着せ替えを大量に入れたりしないと思う。

あっ今日も配信しますよー

上手くいけば明日の夜くらいからまたしばらくこっちに専念できそうなので、ここは気合の入れどころ!

何が私の本業なのかこれもうわかんねぇな。

ではまた明日!!
タグ:RPG企画
posted by おちんさま at 20:03| Comment(0) | RPG企画

2017年08月28日

【マグナ・フォルトゥナ】メイド服

これだよこれ!

RPG01_アヤナ_立ち絵_06.png

わかります?
エロゲといえば黎明期からずっとメイドさんと共にあるんですよ!

館モノで陵辱され、ウェイトレスモノで多数の名作を生み出し、英国メイドから始まったメイド文化はエロゲ文化から羽ばたき、リアルでついにメイド喫茶などという文化を生み出した!

そう、メイドさんこそオタク文化の生き証人なのです。

しかも、今日まで少しづつ形を変えながらも少しも色あせていない!

それはやはり、主従関係にある美少女にご奉仕される(または好き放題陵辱できる)という、設定のエロさにあるのでしょう。


そして私はここに声高に叫びたい。
昨今、可愛さを求めるあまり、メイドさんのニーソにフリルをゴテゴテをつけることが増えている。

違う、違うのだトキ!

blog044.jpg

メイド服にはシンプルな白or黒ニーソ、それをわかるんだよ!!


そういえばメイドさんといえばフェラに調教メニューにバックでの陵辱、はては足コキまでほとんどのエロプレイが似合ってしまう万能エロジョブなわけですが、個人的にはメイドさんには三角木馬が一番似合うと思っています。

blog045.jpg

ゲーム中ではこのプレイ、全裸に近い格好(勿論ニーソはあり)のシーンなので、せっかくだからメイド服のままにしてみました。
メイドさんといえばやっぱり調教だよなぁ……。


あと、メイドさんに罵られたい人ってのが一定数いるみたいです。
なので、本作にはメイドコスのアヤナにボロクソに罵られながらチンコを踏まれて惨めに射精する中年男性というシーンが存在します。

blog043.jpg

こちらもせっかくなので、本編でないメイド服@黒ニーソにしてみました。


ちなみにこのメイド服という服装差分ですが、意外と脱がせないのでフリルも含めて鎧でない服の中では一番描くのが大変でした。
一言アドバイスすると、エロRPGで採用するなら上下セパレートタイプのメイド服にデザインした方がいいですよ。



さて、そんなこんなで明日はシスター服のご紹介です。

あと今日も生配信しますので、是非どうぞ。
正しく仕事の息抜きができそう。

ではまた明日!!
タグ:RPG企画
posted by おちんさま at 20:21| Comment(2) | RPG企画