banner.png

2017年10月16日

【R18/マグナ・フォルトゥナ】もはやアクセス解析すら見ていないので

Elisa1.png

このブログがどれだけ意味があるのかすらもわからない。
でも走り出した車は止められない。

そろそろ残り日数もないので作業も佳境ですが、他のキャラのドットも終わりかけてきたので貼っていきましょう。
ほんまギリギリやな。

髪の毛ももうちょい弄って立ち絵に合わせたかったけどそこまで時間ないっす……というかエリサのドット時間かけすぎた死ゾ

しかし、何を思ってわたしはこのゲームにニーソかぶせて手コキを2シーンも入れたんでしょうか。
blog132.jpg
素直に片方は普通のフェラにしておけばよかったのに……。
多分酒の勢いでシナリオを書いていたからでしょう。


今更ながらにこのゲームの基本CG枚数の少なさ(基本素体8、キャラ別6)に不安を覚えますが、服装差分を全てに用意すると決めてしまった以上この方針は変えられなかった。
まぁエロシーンまでシームレスな立ち絵エロの発展系と捉えて頂けるとありがたいです。
一応二桁以上ありますし、サブキャラ多いし(あと私も仮にも商業作家ではあるので普段の商業で売られてるものに比べれば)全然損した感はないと信じてます。

というかシーン数が放尿2つを含めると80ありますし、そういう意味では相当ボリュームあると思ってるんですけど、やっぱ総CG枚数って売りだよなぁって思って不安になります。
正直言って着替えなしなら倍以上に増やせた気もしますが、そもそも私がニーソフェチであるせいで自分の気に入る衣装以外のシーンは単に損してるだけというのが嫌だったのでこんなの作ってるわけで。。

ディレクターがいればもうちょい配分考えてくれたのかもしれない。



あっ、そう言えば正式に今月下旬発売に更新するためにDL-Siteに申請しなおしておきましたが、価格はよくある1512円という設定にしました。
計算がラクというのもある!

素材に関しては本当にもうラストスパートという感じで、来週には無事終わっていると思うのでゲーム部分をじりじり作りながら頑張っていきます。

ではまた明日!!
posted by おちんさま at 20:49| Comment(3) | 日記

2017年09月28日

【R18/マグナ・フォルトゥナ】ぬおおお!

Yngiw2.png

コメント返信滞ってすいません!!
このあとまとめてします。

以下メモがてらに。

マスターまでクッソ厳しいスケジュールを組んだんですが、これがそのまま行くわけがないので「なんだかんだで失われる工数」として4も計上しました。

まぁいい方向に転べば工数短縮、悪い方向に行けばこの余剰を全部使ってしまう、どっちでもなさそうなら適度に休息に宛てていくか、キッツイノルマの緩和にってフレキシブル対応ですね。
完璧なように見えてどっかに穴があるので、穴のせいで4工数丸々失っても終わるようにノルマしっかりってカンジで行こうかと。
この余剰ってのと、残りの日数で組み込みと残りゲーム部分をウオオってやってしまう計算ですな。


私の座右の銘は前にも紹介したアイゼンハワー大統領の言葉なので、計画はとりあえずしっかり立ててその通りにいかなかったらガッカリするを繰り返そうかと思います。


本来仕事ならこんな進行をメモしたり、作業のすすみを吐露したりって絶対しないんですが、なんでこんなことをしているか。
それは仕事では「王様の耳はロバの耳!!」といえないのが結構ストレスになることもあるので、守秘義務なんて皆無だから別にいっちゃってもいいやって思うこういった作業では自分をさらけ出すことによってストレスを減らすというリスク回避です。

ウジウジしてないで「大変だー!」って四苦八苦してるだけなら多分不快な印象はないと思う!!

閑話休題。

最近、本当に作業してるものが個別CGだとかそんなんばっかりで画像が貼れないんです。
作業が大詰めにはいった感じで良いこととも言えるんですが。

そういえば、シナリオ上で立ち絵も存在しないけど結構いい役どころを貰ってるキャラが数人います。
アヤナは男にも女の子にもモテモテなので、個人的に気に入ってしまったキャラもちょくちょくいたり。
ものすっっっっごく作業優先度はおちますが、こういったキャラにもいつか(仮にやっても来年とか?になりますが)立ち絵とドット絵をあげたい。

正直、主人公の父親とか、アヤナが加護をうける主神のアシュクロンあたりは立ち絵あったほうがよかったなと思わなくもない。
あと、ロマ○ガ1の三柱神みたいな感じで三体いる、今回のゲームのメインシナリオにおける敵役にあたるデモウラ(邪神みたいなの)がいるんですが、こいつの敵グラは本当は私がオリジナルで描きたかった。
ラスボスの絵も描きたかった。

このあたりは、アプデで差し替えたい候補になりますな。
(まぁ父親の立ち絵とかは多分作んないですが……)



今日もこんな適当な日記でした。
完全に報告とメモである。

そういえば観光案内なんてのがあったので、残り日数で適宜割って考えるの面倒な日にやります。


ではまた明日!!
posted by おちんさま at 22:32| Comment(0) | 日記

2017年09月25日

【R18/マグナ・フォルトゥナ】”一手”誤ったようだな……

elnor4.png


締め切りギリギリになると「あと一日余裕があれば……」と毎回なるあの現象になにか名前をつけたい。



後悔先に立たずで全部事足りますね。

別にサボるわけじゃなくてそうならないように頑張って作業するんですが、大抵なんかイレギュラーが起きて余裕を取ったスケジュール以上にかかる計算になって、最終的に「どうしてこうなった……」となるんです。

多分私が畜生になりきれない辺りに原因がるんじゃないかと。


今日とくに貼るのないなーと考えてたところ、そういえば巫女衣装あんまり貼ってないので巫女服でとあるシーンに突入した場合の絵を貼っておきます。
Ev027_d_02.png


そろそろ最後の服装差分を進めないとヤバそうなので、片付けてしまいたい。
というわけで近いうちに固めて配信しながら服装差分すると思います。

というか今思うともう少し賢い実装があったような気もします。
(液体や服装のパーツなんかを、差分ツールで切り出してパーツとして画像にして、スクリプト側で合成するとかですね)
これなら例えばエッチシーン含めて服のパーツごとの完全着せ替えとかもできる気がするんですが、そのシステムを私が組むと、これまでの実績から絶対ひどいバグを出すと思うので、今後余裕ができたらと考えておきます。

ちょっと思考実験した限りだと、液体、服装、表情、挿入物、その他パーツなんかを全部個別のレイヤーで管理して、変数で変化するようにするって感じですかね。
ただ、たとえば頭とトップスとボトムス、パンツ、ブラ、ソックス、靴、手袋と分かれてるとして、液体はそれぞれにあわせて変化しないといけないので、現状では服装を1個の変数で管理してるんですが、こういった仕様にする場合はパーツごとに変数を割当しておいて、各部位の液体を変数に登録している装備数分作ればいいって話になりますね。

書いてると死ぬほど大変そうに思えますが、ぶっちゃけ今より工数減る気がします。

正直言って、組み合わせを定義して書き出すのが一番の手間なので、ユーザー操作でコードが勝手に差分を組み上げてくれる仕様だとそれがまるっとなくなる(正確には多少スクリプトが煩雑になるんですが)ので、これ相当イイんじゃないでしょうか?

表示自体をバグらせずにできるのであれば、このほうがいいですね。
(こうしてない理由の一番大きいのが、表示ラグの問題なので)

※追記
スクリプトで合成っていっても、本当に合成して表示できるなら表示ラグなんてないんです。
私にJavaScriptやツクールの改造でそれをやる技量がないので、もし本気でやるなら誰かに助けて(依頼して作って)もらいます。


と、こんなことを考えて、あっ仕様追加仕様追加みたいなアホをやるから間に合わなくなるのかもしれない。

今日はまた、一段と考えたまま出力したプロットみたいな日記ですね……。
実は今日推敲してません。
まぁいいや。

ではまた明日!!
posted by おちんさま at 21:17| Comment(0) | 日記

2017年09月22日

【マグナ・フォルトゥナ】サブキャラ紹介その10・イングヴェ

このゲームサブキャラ10人もいたのか……(困惑)

最後の最後ですが、いつでも酒場にいて仲間に空きがあると入ってくる系の詩人

RPG01_Ingwie_face_00.png


イングヴェになります。

はい、もう見た感じで何が元になったキャラなのかバレバレというか、イン○ーなのかイン○ラムなのかエ○ールなのか微妙な感じですが、とにかく詩人です。

このゲームにおいてはゴミみたいな固定装備はないですし、なんとステータスが横並びなうえに、主人公以外で全武器が使える唯一のキャラになるので、わりとお助け的な位置づけで考えています。
特殊技の歌も、テンション解放技(これ説明してねぇな)も強烈なので、男をPTに加えるのに抵抗がなければ適当に入れておいても害はないでしょう。

なんだかんだストーリー終盤ではそこそこ関わってきますので、別に単なるいるだけキャラではありません。
基本的には常に目を瞑ってる○ャカみたいなキャラですが、とてもレアな開眼した表情差分がありますので、めったにストーリーで見れないのももったいないし貼っておきます。
blog101.jpg


フフフ……ライジングフォース!!


いや、そういうキャラではありません。

ちなみに見た目で敬遠されそうなのでこれだけは言っておきますが、最後まで裏切らないので育てて大丈夫です。

いやー全部紹介し終わった。
実は全員分まだドット絵終わってないんですよ。
下手したら一部別に汎用素材で代用できそうなキャラは後回しになる可能性があるので、その点でもアプデはご容赦ください。

このためってわけじゃないんですが、もう一度アナウンスしておきますとリリース後は最新版以外のサポートはできないですし、アップデートのために各種サイトに登録する等のご協力はお願い申し上げます。


そんなところで、漸くのこす所の画像素材が差分10枚程度と個別エロシーン数枚のみになりました。
今回本当に実感しているのが書き出しの手間が尋常ではないという点ですので、次回があるならこんなに服装差分やばくないものを作りたいです。はい。

では今日はおわりにします。


また明日!!
posted by おちんさま at 20:15| Comment(0) | 日記

2017年09月13日

【マグナ・フォルトゥナ】おし…………

今日は昨日の続きになっちゃうんですが、宣言通りアレです。
レフトの置物とかじゃないよ。

ayana3.png


今日はですね、昨日言ってたおしっこについてです。

さて、エロRPGといえば放尿ができないとダメみたいなところありません?

blog091.jpg

アヤナはちゃんと開いて出す派。

尿道口が隠れてると、陰唇の向きによってはおしっこが酷い方向にそれてしまったりするという女性おしっこ豆知識。

やべぇ今日も酷い変態具合だよ……またファンとかフォロワー減るよ……。


それはともかく、プレイヤーに尿意を厳密に管理させること自体はあまりすべきではないと思うのですが、さりとて意図的に女の子におもらしをさせられるというのは非常に重要だと思うんです!

それで、体験版をやった方ならわかると思うんですが、アヤナは非常に奇特なことにあの歳までオナニーをしたいとか思ったことがなかったので、自分の下半身がどんな具合なのか知りませんでした。

そんな無菌状態だったところにいろんな呪いとかゴニョゴニョがあったおかげで、アソコが非常に濡れやすくなってしまっています。
潮もガンガン噴きますし、ちょっとばかしユルいのでなにかあると漏らしてしまったりします。
blog089.jpg

特別おしっこゲーというわけではないんですが、なんとなく結構尿意がたまるので、放尿好きの方は結構使い所さんがあるんじゃないでしょうか。


ちなみにチュートリアルにもあったとおり(あの長い説明読んだ人どれだけいるんだろう……)尿意100%でおもらしします。
blog090.jpg

もらして脱いだパンツはアイテム欄に入るので、まぁ使いみちを敢えては申し上げませんが利用してもしなくても良いでしょう。

その他、淫乱度トリガーで一応特殊な放尿シーンを用意しているので、ご興味があれば。



まぁとにかく、潮やらおしっこやら噴射しまくりますので、水っ気に自信!って感じです。

私としては全身ローションでベトベトにするのはあまり好きではないんですが、精液や愛液を描くのはめちゃくちゃ楽しくて好きなので、そういった液体はガンガン出しますし、ぶっかけます。

下半身の汁っ気には乞うご期待!!


…………明日は名誉挽回のためにもうちょいまともな内容を扱います。


いや、ニーソにしか興奮しないとか言ってる時点で私の名誉なんてあってないようなもんですが……。

そんなわけで、だいぶ調子を戻してきたのでここから巻き返したいおちんさまでした。
なんか半月くらいダラダラとすぎちゃったいかん危ない危ない危ない。

ではまた明日!!
タグ:RPG企画
posted by おちんさま at 21:26| Comment(0) | 日記