banner.png

2017年09月01日

【マグナ・フォルトゥナ】戦乙女

こんな衣装差分あるゲーム珍しいんじゃないでしょうか。

RPG01_アヤナ_立ち絵_10.png


騎士鎧がファ○ファンで言う所のナイトなら、こっちは竜騎士です。

というか、ヴァルキリーなんですが。

実はこれも凄い紆余曲折を経ていまして、最初は「サムライ」でした。

いや何かって、女騎士以外で黒ニーソが似合いそうな鎧系の衣装って……と考えたらやっぱり武者鎧かなぁって思ったわけです。
武者鎧のイメージこわれる。

こちらもチェリーエルフ製の一品で、ミズホという国に沢山いるチェリーエルフたちの戦乙女の正装……のレプリカになっております。

昨日から耳慣れない単語が頻出していますが、チェリーエルフというのは……。

RPG01_Ouka_Stand_00.png


このサブキャラ、オウカのような種族です。
日本とスカンジナビア半島の文化が混じったような風俗が特徴です。

この鎧も例外ではなく、胸元などをご覧になっていただくとわかりやすいですが、西洋ファンタジー系の鎧日本の戦国鎧のモールドが所々混じっています。
blog054.jpg

これはもちろんサムライを採用しようとしていた時の名残で、その他草摺に相当するような部分や縅(おどし)のしくみを落とし込んだガントレットなど、一見してわからないようなこだわりが!!

……まぁ、エロゲだからエロければなんでもいいんですが。

正直こういった衣装にした理由は「騎士鎧が想像以上に露出が少なかった」せいなので、黒インナー+鎧っぽい何か+ニーソというだいぶエロい衣装になったなぁと自己満足しています。

すっげぇ描くの大変だけどな!!


ちなみにこの鎧については、着脱や可動部位の設定が無駄に細かくなっていて、各種差分でその一端が垣間見られます。

blog055.jpg

上腕と下腕に絡んでいるガントレットのジョイント部分が見えていますね。
前垂れの取付金具なんかも描いてあります。

むろん絵的なウソは多分に含まれてますが、前も言ったとおりこういう構造的なものってどう動くか想像するのフェティシズムを感じるというか、メチャ楽しいですよね。

先述のチェリーエルフは手先が器用で素晴らしい工芸品を作るみたいな設定で考えているので、その設定に私の足らない脳ミソが負けないように必死でウソくさい設定を考えては盛り込んでいます。


ちなみにこの戦乙女衣装ですが、エロ的にどう絡んでくるかというとそもそも少ない上に、あろうことかエッチシーン自体がギャグっぽくなってしまっているのが現状です。

どうしてこうなった……。

まぁ、衣装フリーなシーンで思う存分陵辱されてくれれば(問題発言)と思います。


さて、本日ですが残念ながら配信はございません。
なぜなら、私が夕方からEvoken Festトワイライトフォースを観に行ってるからです。
なにせ、このエントリだって予約投稿です。

伝説のクサメタルバンドの息吹をこの身にしっかりと浴びて、制作にいい影響を与えられればと思っておりますよ!
このゲームの世界観、相当クサメタルだからな!!


全国のメタル・ウォリアーたちよ、ヴァルハラ(新宿BLAZE)で会おう!!

このエントリが投稿される頃にはもう始まってる!

ではまた明日!!
タグ:RPG企画
posted by おちんさま at 20:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: