banner.png

2017年07月13日

【RPG企画】予告通りですが……

angella5.png

きょうはエロの話しますよ、しますします。

急遽ってわけでもないのですけど、このシーンは体験版に入れるつもりなので。


というわけで、特定の一個のエッチシーンについてです。

Ev040_b_00.png

そう、それは壁尻。


なんかへんな構図ですが、それは差分とウィンドウ位置の都合です。

シチュエーションに関しては遊んでみてのお楽しみとしておきたいですが、ちょっとバックに関してのこぼれ話。

これに限らず後背位ってともすれば見えない構図になりがちの危ういシーンだと思うのです。

よく見せない構図ってそれはそれでアリみたいな話を聞きますが、あれはよろしくない。
いやよろしくないというか、積極採用してはだめな物なんですよね。

もちろん好きな人もいるのでしょうが、結合部が見えないということは大半の人にとって損になってしまうので、沢山あるCGの一枚という選択肢としてならいいのですが、たとえば一枚や二枚しかないキャラのCGでそれがあるとガッカリさせてしまう確率のほうが上がってしまいます。


さて、大幅に脱線しましたが(いつもの事)、バックに関してはそういった事情により私は可能な限り結合部が見えるような画面構成を心がけています。

そのうえで壁尻という構図を見てみるとどうでしょう。
Ev040_a_00.png

よっと。
可哀想なのでパンツはかせておきます。

この画面ではお尻しか見えていないですが、それはつまり「逆見せない構図」ってやつです。
女の子の恥ずかしい部分しか見えていない。

これはいい。

壁から女の子のお尻だけが飛び出しているというシュールさこそが、壁尻の本来の魅力です。

私的には、壁の反対側で女の子の反応が見れるタイプまったく見えない淡々と犯されるタイプの両方共好きです。

身動きがとれないのにお尻を弄ばれて、好き放題セックスされて……。

Ev040_o_00.png

そして、最後にはグチャグチャに犯されてからの放置プレイというのが壁尻の侘び寂びというものです。

私は本来あまり女の子に酷いことをするのが好きではないのですが、壁尻は最後快楽落ちすることが多いのでその点ではかなりアリです。

というか精液便所的なハードプレイを「女の子の反応を直接男性に見せない」ことによって、マイルド化しつつも異常なシチュエーションによって興奮を高める素晴らしいプレイだと思います。

壁尻を最初に思いついた人、天才だよ。

あっと、そろそろお時間がまいりました。

最後に言っておきますと、このシーンは画面を見たらわかりますが服装によって変化するのはニーソだけなので、はたしてどう変わるのかは君の目でたしかみてみろ!!


色々書いてたら10時過ぎてました。
昨日よりはマシなので許してください!なn
-------------------------------------------------------

さて宣伝。

こっちはバックがないんですよねー。
本来的におまんこが見づらくなる構図は、枚数の少ないコンテンツでは採用しづらいです。
AVではねっとり前戯からの挿入とかできるので、そういう構成のCG集なら全然ありかもしれない。
今後企画を考えてみます。
DL_package.jpg

ではまた明日!
posted by おちんさま at 22:08| Comment(2) | RPG企画