banner.png

2017年07月10日

【RPG企画】うまいぞフェラ

elnor1.png


タイトルとトップ画像は関連ありません。

今日は久々にちゃんと進捗を話すんですが、画像が一切出せません。
いつにもまして記事の存在価値の危機です……。

どうやって保たせるんだこの記事……。


さて、今日は二週間遅れのスケジュール消化として最後の基本ポーズであるフェラに少し着手しました。


正直このゲームに必要なポーズとして最初に大量に挙げられていた中で、一番に切り落とされても不思議はないポーズだったのですが、最終的に逆さ吊りとか駅弁とか個人的に好きだけどアクロバティックで汎用性が極端に低いものを押さえて採用と相成りました。

構図としてはギリギリふとももが入るようには(なんとか)しているので、テンション自体は持続すると思います。

これはまだラフ段階なので画像も上げられないんですが、このゲームにおいての基本ポーズは半脱ぎであればあるほど、妙な構図でなければないほど難易度というか工数が減ります。
なぜなら、単純に全着衣であれば複雑なデザインの鎧なんかも全部描かないとダメですし、前にも言ったとおり裸は必ず描くことになるので肌が見えている面積が多いほど等比級数的に楽になります。

そんな裏話はどうでもいいかもしれないんですが、要はなんでこのポーズが採用になったかなんですよ。

それはこのゲーム、レイポウが多すぎて、私の好きなペッティングがアヤナに対して(要はプレイヤーに対して)ばかりで、それにしたって少なすぎ、という事態になっていたからなんです。

前にも言ったとおり乳首責めがわりと少ないので、下半身への愛撫が多くなっているというのもこの傾向に拍車をかけています。

いくらニーソゲーって言っても上半身にフォーカスする事も必要、おっぱいだって重要なエロゲー要素なんです。

そういうわけで、胸を露出した状態でギリギリふとももも見えていて、差分でフェラにも手コキにもできるようなポーズを追加することにしました。


これいる?

と思った脚フェチニーソフェチ諸兄諸姉もいるかもしれないですけど、考えが甘いですよ!

うまく利用すればパンコキとか、ニーソかぶせて手コキなんてこともできてしまいます。

なんとかフェラをねじ込みたかったという後ろ向きな動機が最初ですが、それにしてもそれにしてもニーソ手コキというドM垂涎のプレーに繋げられることを発見したのはでかい。


あっ、だからといって生足になることだけは絶対にないのでご安心ください。

これはコンプライアンス問題というか、動学的不整合性を生む問題なので、前にも仕事関連の記事で言った気がするんですが、私がデザインしたキャラでニーソを履いていたら、エロシーンでニーソを脱ぐことは極力あってはならないんです。


……よくわかんないと思いますが、要はコスプレAVで最終的に脱ぐアレと同じ問題と思ってもらえればいいです。



-------------------------------------------------------

ここまで書いて記事のタブをクリックしたらちょうどクローズボックスの位置で閉じてしまって文字装飾をやりなおすハメになるという悲劇が私を襲いました。

どうでもいいですね。


さて、ここまでエロシーンの話をテキストで延々するという無茶をやってきましたが、それより重要な進捗が今日はありました。

なんと、体験版のめどが立ちました。

そんな重要な報告最初にしろよって話ですけど、これ自体も画像出せないので……。

ちょっと斜め上の体験版になる感じですけど、ざっくり言うと「ゲーム冒頭部分とバトルテストができて、エッチシーンが数個見れる」という体裁です。

未実装部分が多くて恥ずかしい!と思っていたんですが、そもそもよく考えたらこのシステムで全部実装して出しても遊べてしまうとゲーム全開放なので、そういうわけにもいきません。

いろんな意味でうまいこと体験版の内容に丸め込めたので、うまくいけば数日中にはなんとか。

重要なことなので出す前から強調していっておきますが

体験版は開発中のものですので、実際の製品は異なる仕様になる場合があります。予めご了承ください。


よっしゃ言い訳は立ったな(立ってない
-------------------------------------------------------

さて宣伝。

今めっちゃトイレいきたい!!


実は我慢しながら書いてるので、宣伝文句が思いつきません!ゆるして!!
そういえばトイレつながりで、このCG集にも放尿シーンありますよ!!

汚いしどうでもいい!!
よければお願いします。
DL_package.jpg

ではまた明日!
posted by おちんさま at 21:41| Comment(0) | RPG企画